パソコンの使い過ぎによる薬指の腱鞘炎対策【サポーター購入の効果】キーボードによる薬指の付け根の痛み

2018年12月28日金曜日

uni-browser

こんにちは。uni-browserの財前航介です。

突然ですが、皆さんは一日何時間ぐらいパソコンを使用されますか?

私は職業柄、一日中プログラミングをしていたりするため、起きている間のほとんどをパソコンの前で生きております…

私にようなプログラマーに限らず、一日中パソコンを使わざるを得ない方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。


私の場合、それに加えてこんなブログを書いていることもあり、どうもここ最近、右手の薬指に慢性的な痛みがあったのです。。。


それを解消するために購入したサポーターが非常に効果があったため、同じような悩みを抱えている方々に向けて、このブログでもご紹介させて頂ければと思いました。


パソコンの使いすぎによる症状


私の場合、パソコンのキーボードの打ち込み過ぎで、右手の薬指の付け根に鈍い痛みが慢性的にありました。
(以下の画像の青く着色した辺りです。)

右手の薬指の痛みがある部分

小指の付け根にもうっすら違和感があり、腱鞘炎になりかけの兆候かと思い、恐れおののいておりました。

その違和感はパソコンを使用している最中だけでなく、寝ているときや、運転中など、ふとした時に訪れます。

しかしながら、職業柄、パソコンのキーボードの使用を控えることも難しく、どうしたものかと悩んでおりました…


薬指サポーター購入


腱鞘炎とは、関節を使い過ぎることによって起こるものとのことで、一度なってしまうと中々治らないとのことです。

関節を過度に使いすぎることを控えるのが一番良いのですが、パソコンの使用量は減らせない

と言うことで、薬指を固定できるサポーターの購入を考えました。


ググってみたところ、薬指・小指だけをいい具合に固定するサポーターというのは中々なく、ちょうど良い物として見付けられたのは、以下のものだけでした。

薬指のサポーター

普段はAmazonユーザーの私ですが、Amazonに在庫がなかったため、楽天で購入しました。

物としては、こんなもの。
薬指サポーター

左右対称なので、右手でも左手でもどちらでもいけます。


付けた感じは、こんな感じ。
薬指サポーター装着時

薬指サポーター装着時

1週間程度装着して作業をしてみたところ、薬指の付け根の痛みは、ほとんど解消されました。

やはり休ませずに使い続けていたのが良くなかったみたいですね。。。

右手にサポーターを付けた状態でのキーボード操作は、最初は少し違和感がありますが、1時間もすれば慣れてしまって、サポーターを付けていることも忘れてタイピングできます。

サポーター装着時のキーボード操作

こうでもしないと、またつい右手の薬指や小指を使って、Enterキーや方向キーを押してしまいますからね。。。

同じような悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ導入を検討されては如何でしょうか。

※上のものと同じ商品です(別店舗でも取り扱いがあったので、念のため掲載します)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
アズワン Dr.MED 小指薬指スプリント DR-W132-4L (7-4296-02)
価格:1458円(税込、送料別) (2018/12/28時点)
二つの店舗で取り扱われていますが、上側のお店の方が安いですね。
(私は上側のお店から購入しました。)

この記事が、少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読み下さり、ありがとうございました。